Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / 教員紹介 / 陳 洛南 客員教授

陳 洛南 客員教授

陳洛南客員教授    

  • 東京大学 生産技術研究所 最先端数理モデル連携研究センター 客員教授 (非常勤)
    • 〒153-8505 東京都目黒区駒場 4-6-1 Ce-606 号室
    • TEL: 03-5452-6372 内線 56372
    • FAX: 03-5452-6371

_ 略歴

  • 1984年 Huazhong University of Science and Technology(Wuhan, China)卒業
  • 1991年 東北大学大学院博士後期課程工学研究科電気及通信工学専攻(仙台、日本)修了 工学博士
  • 1991年 株)JPビジネスサービス 科学システム事業部 (東京、日本), 主査研究員
  • 1997年 大阪産業大学大学院工学研究科博士前期課程電子情報通信工学専攻担当(大阪、日本), 助教授
  • 2001年 University of California, Los Angeles (UCLA, USA), 客員教授
  • 2003年 大阪産業大学大学院工学研究科博士後期課程生産システム工学専攻担当(大阪、日本), 教授
  • 2006年 Institute of Systems Biology, Shanghai University (Shanghai, China), Professor, 所長(兼任)
  • 2010年 Key Laboratory of Systems Biology, Shanghai Institutes for Biological Sciences, Chinese Academy of Sciences (Shanghai, China), Professor, Executive Director
  • 2010年 東京大学 生産技術研究所 最先端数理モデル連携研究センター 客員教授(兼任)

_ 研究テーマ

  • 過渡安定度を考慮した大規模電力系統最適運用と制御理論
  • カオスアニーリングとその大域探索能力の研究
  • 機能的な人工分子ネットワークの設計と解析の研究
  • 細胞間相互作用のゆらぎの能動的な役割とそのメカニズムの解明

_ 主な論文・著書

  • L.Chen, R-Q.Wang, C.Li, K.Aihara: Modelling Biomolecular Networks: Structures and Dynamics, Springer-Verlag, London (2010).
  • L.Chen, R-S.Wang, X-S.Zhang: Biomolecular Networks: Methods and Applications in Systems Biology, John Wiley & Sons (2009).
  • L.Chen, R.Wang: "Designing Gene Regulatory Networks with Specified Functions," IEEE Trans. CAS-I, 53(11), 2444-2450 (2006).
  • T.Zhou, L.Chen, K.Aihara: "Molecular Communication through Stochastic Synchronization Induced by Extracellular Fluctuations," Physical Review Letter, 95, 178103 (2005).
  • L.Chen, Y.Tada, H.Okamoto, R.Tanabe, A.Ono: "Optimal Operation Solutions of Power Systems with Transient Stability Constraints," IEEE Trans. CAS-I, 48(3), 327-339 (2001).
  • L.Chen, K.Aihara: "Chaotic Simulated Annealing by a Neural Network Model with Transient Chaos," Neural Networks, 8(6), 915-930 (1995).
Last-modified: 2015-01-23 (金) 10:23:51 (882d)